ホームページがちょっぴりリニューアルしました。

HPのマイナーチェンジも昨年秋からの宿題だったのですが、私達の農場はいつもいつも忙しさに追われていて・・・・とうもろこしの収穫が始まる8月末からは持てるエネルギー全てを農場に注ぎ込まなければならず、そうこうしている間にとうとう2月も半ば。
随分時間を掛けてしまいました。

 

農場では今週、ジャガイモの熟成に関わる大きな仕事があり、現場のスタッフはそれが終わる迄は落ち着かないでしょうが、私自身は3回目の頒布会が終わってお陰様でホッと一息。
なんとかブログに着手です。
この時期はジャガイモの熟成も続々完熟を迎え、味の完成を見ると、自分の気持ちさえも落ち着いてくるので不思議なものですね。
じつは、農場のブログのあり方については、農場のHPが出来るずっと前から考えあぐねてきました。

と言うのも、私達の農場では畑に集中してこそお客様に喜んで頂けるといった考え方がベースにあります。
農産物の販売を大きく手掛けてはいるものの、あくまでも、持てる全てを畑に費やすからこそ良いものが出来るという考えです。
ですから、ある意味、農場長は聖域。

もっとも、農場長自身が自分の全てを畑につぎ込むタイプの人で、精神的にも肉体的にもそれ以外の何かに集中できる様な生活を行っていません。(そこには私生活と言うものさえもなく、生きること全てが畑にある)

そこで、当然ながら頒布会便りやブログなどに関与するのは私、という事になっていました。
でも、ブログの場合は自分の想いを表現する場でもあり、その「私事としての考え」を、農場のブログで表現して良いものか、、、。
当然、目を通して頂く方にはそれは農場の考え方となるでしょうから。

 

そこで、10年程前に個人のブログを作り、仕事について過激な事をかなり好き放題に書き始めました。
当時は栽培~熟成貯蔵~販売までを手掛ける生産者として、人としても女性としても、農場や私は相当なアウトローで(今もかもしれませんが)、 自分の中で世の中の当たり前に対しての矛盾があまりにも多く、書かずにはいられない状況だったんですね。

ただ、その後、そのブログのアクセス数があまりにも膨大になり過ぎて、ハタと立ち止まります。
やはり、私の考えは農場の考え方としてとらえられては困る、と言う点に立ち戻ってしまい、数年前に筆が止まりました。
書きたいことが書けなくなると、書くことは無くなるものなんですね。
その後、「なにもう書かないの?」とよく聞かれたものです。

 

でもこの頃、想いを書くことの必要性を再確認、休暇終了の期は満ちたのを感じつつ、どう表現しようか迷っていました。そんな折のホームページとブログのリニューアル。
気が付けば、今、農場には農場長や私だけでは完成できなかった形を共に歩いてくれる仲間(スタッフ)がいます。
農場の想いとしては譲れないものは勿論変わっていませんが、その中でも日々、それぞれが農場で何を考え、思っているのか、個人の想いを農場のブログで書き綴っていけるステージが整った事に気が付きました。
仲間を得て初めて出来る様になった、一つの財産ですね。
この10数年、本当に長かった。

 

5年、10年前の自分なら軽く書けた「重い事」が、なかなか書けなくなったのも事実。
でも、今でなくては書けない事も沢山あるのではないか、、今、そう思っています。

 

 

村上 智華 担当 電話受付・販売

熟成させたじゃがいもの味や質を見極め、販売時期を決める仕事を担当しています。お電話では、個人のお客様からプロの方まで、品種ごとの熟成状態をご説明したり、料理合わせのご提案をしております。お客様と人として寄り添い合い、長いお付き合いを築けたらと思っています。

1 / 11