農場コラム

飲食店様へレシピの公募を致します

コロナウィルスの流行に伴い、農場なりの飲食店さんの支援を考えました。

私の想いは、今という点を捉えるのではなく、これからの時代に備え、実労働ではなく技術に
対価を得られる世の中を生む、持続的な支援です。

農場のレシピはこれまで独自のものでしたが、この企画は、飲食店さんを始め私達の未来への
投資と考えておりますので、宜しくお願い致します。

※当初、個人FBでのアップに留まっておりました飲食店さんへのご依頼ですが、
色々考え、お取引先飲食店さんの枠を外して、告知させて頂きます。

*************************************************************************************

【飲食店・生産者・メーカーのお友達へ】
※5月3日に取引先飲食店様限定枠外を外しました。

予測もしなかった状況の中で、この一か月、自分が何をすべきか考えてきました。
全てが元に戻る為に、しばしの時間が必要だとしたら、
私はこの強制的に与えられた辛い現状の中、批判や評価、嘆きよりも、
未来に繋がる行動をとりたいと思います。

時は動いてしまったのだから、過去に期待をしても仕方ありません。
劣悪な今の状況であっても、自分が見えているもの全ては多面体であり、
どの面をフォーカスするかで心の在り方、行動、結果が変わります。

正直、料理人さんが持つエネルギーを信じているので、私が何かするまでの事は
ないかもしれません。でも、黙って観ていることも出来ません。

この企画が飲食店さんへの支援に繋がるかどうかは私には分かりませんが、
チャレンジを通して共に可能性を手に入れられたらと思います。

 

そこで、
村上農場は、飲食店様に農場のじゃがいもを使ったレシピのご依頼をしたく存じます。

私達はこの数年、料理提案・写真付きの売り場用POP作成をしてきました。
そして今回、更にお客様にお料理を楽しんで頂きたく、詳しいレシピを伝える為に
QRコードを使用した展開をスタートさせる事にします。(農場のHPとは別企画です)

小売店さん、お客様、村上農場、飲食店さんのみんなが繋がり、幸せになれる企画です。

10店にご依頼をお願いしたいと思います。

農場ではこれまで外部委託に関し、通常、一レシピ1万円でお願いをした経緯があります。
今回の3レシピ5万円の価格は、プロの皆様にはあまりにも低価格で申し訳ないのですが、
一個人農場として、出来る限りの予算の計上です。
何卒ご了承下さい。

ただ、お使い頂ける食材が安価なものに限るので、原材料費が掛かりません。
空いた時間にお願い出来たらと思います。

ご利用頂くじゃがいもに関しては、お店の在庫をご利用いただくか、別途、お届けする事も
出来ますので、お申しつけ下さい。

【ご依頼内容】

1セット(3レシピ/簡単な写真付きでお願い致します)・・・・・5万円(税別)にて
※ご依頼が決定次第、翌日お振込みさせて頂きます。

【注意事項】

①小売店様の売り場POPや一般家庭向けレシピ提案の為、食材はあくまでもスーパー・マーケット
で購入できる食材であること。
じゃが・玉・人参+1品といった様な、あくまでも普段使いのレシピでお願いします。

②他店とのレシピ重複を避ける為に、予め料理名をご提案お願い致します。

③写真はiPhone11(ナイトモードで)、
iPhoneX(自然光下での撮影・又は撮影専用のライト利用)と同等機種、
又は一眼レフカメラの使用をお願い致します。
画面が暗かったり、画素数が軽いと使用できない事があるのでご注意下さい。

④写真の送信はメッセンジャーで構いません。
レシピはメール、メッセンジャー、FAX、いずれかの方法にてお願い致します。

⑤レシピへの店名提示はお店側の意思に沿いますが、理想はリンクしてお客様が
飲食店さんに来店される展開を望んでいます。

⑥納品期限はありません。お手隙のタイミングに一レシピずつ頂いても結構です。

【ご連絡方法のお願い】

村上個人FBは個人的に繋がりのある方との場に使用しておりますので、大変申し訳ありませんが
ご面識の無い方には下記の農場のHPお問合せ、又は農場のFBメッセージでご連絡下さいませ。
宜しくお願い致します。

村上農場・お問合せ https://imomame.jp/contact/

 

ご協力のお声が多い場合は、大変申し訳ないのですが、お話を伺った後にお願いしようと思います。

本当は、今の状況で暇なカメラマンさんにお願いして撮影して頂き、本にしてしまえば、
またそこから生まれるものもあるかと思ったりしています。
でも、とりあえずは、飲食店さんの支援優先で行きます。

 

【お友達の加工メーカーさんへ】

一部の食に関わる分野では、コロナウィルスのダメージはそれほど大きくないと思います。
現在、多くのお店が業態の変化や来客数を抑えて営業をする傾向があり、こうした状況は、
普段お忙しい料理人さんにプロデュース等の依頼などをしやすいチャンスです!

日本はこれまで、料理に対する技術料が低かったと思います。
ここから、変化の時なのかもしれませんね。

関連記事一覧